会社案内

いなだ事務所

会社名
いなだ社会保険労務士事務所
本社
〒810-0041
福岡市中央区大名1-2-20-8階
創業
2007年1月
沿革
2006年10月 採用基準の構築に関する特許出願
2007年 1月 採用コンサルティングに特化した"いなだ社会保険労務士事務所"を福岡市に創立
2007年12月 面接官向け面接スキルアップ研修サービスの一般受付開始
2008年 1月 初めての面接でも欲しい人材を見抜くことができる採用面接マニュアル販売開始
2008年 4月 採用基準の構築に関する特許発行
2008年 5月 感情採用求人サイト制作サービスを一般公開
2008年 9月 大学教員向け推薦入試などの面接員研修のサービス開始
2009年 5月 業務拡張のため現所在地に移転
2010年10月 グラフ社より「1週間で会社が変わる!採用の教科書」出版
2010年12月 「採用の教科書」を商標出願
2011年 3月 「採用の教科書」が商標登録される
2011年 3月 マイクレドの作り方DVDの発売開始
2011年12月 理系学生求人センターを開設
2012年 2月 ビジネス・ベストセラー出版より「1週間で会社が変わる!採用の教科書1」出版
2013年 6月 ビジネス・ベストセラー出版より「採用の教科書2」出版
2013年 1月 文系学生求人センターを開設
2013年 6月 日本法令より「中途採用の教科書Q&A」出版
2014年 9月 「求人成功実践会」を商標出願
2014年 9月 「しんちょくん」を商標出願
2015年 1月 求人成功実践会®を開校
2015年 4月 「求人成功実践会」が商標登録される
2015年 1月 「しんちょくん」が商標登録される
2015年 2月 「採用の教科書1」がKindleで電子書籍化
2015年 3月 新卒採用向け面接シートの一般販売開始
2015年 4月 「採用の教科書2」がKindleで電子書籍化
2015年 5月 人事評価に関する特許出願
2015年10月 従業員満足度実践塾を開校
2017年 1月 「中途採用の教科書」が商標登録される
2017年 1月 「スパイダーマーケティング」が商標登録される
2017年 9月 ビジネスコンテンツ株式会社を設立
代表者
稲田行徳
 
[社会保険労務士登録番号] 40010054号
2000年試験合格、2001年取得
連絡先
フリーダイヤル:0120-568-314
携帯電話からは、092-751-8881
受付時間/10:00~18:00 定休日/土日祝日
E-mail
→メール問い合わせはコチラから
業務内容
・新卒、中途採用での採用基準の構築
・採用データ分析
・新卒採用コンサルティング
・中途採用コンサルティング
・採用サイトの構築
・面接官/採用担当者向けセミナー研修
・面接マニュアルの販売
・人材採用塾「求人成功実践会」の運営
・マネジメント研修「従業員満足度実践塾」の運営
・人事、労務相談
保有商標
・採用の教科書®
・中途採用の教科書®
・求人成功実践会®
・稲田行徳®
・しんちょくん®
・スパイダーマーケティング®
顧問弁護士
・ベリーベスト法律事務所
顧問弁理士
・ベリーベスト国際特許事務所
・有吉国際特許事務所
グループ企業
・ビジネスコンテンツ株式会社

代表あいさつ

稲田行徳

「採用活動」と「会社の利益」は密接に結びついている

1人の社員を新卒から定年まで雇用し続けると、2億円のコストがかかると言われています。

管理職ではなく、ごく普通の社員を雇うだけでこれだけのコストになるのです。

だからこそ、会社として「どのような社員を雇うのか」が会社の命運を分けるといっても過言ではありません。

私は平成19年に福岡で、中小企業専門の人材採用コンサルタントとして開業しました。人材採用の専門家として北は北海道から南は沖縄まで、日本全国の中小企業経営者から相談が寄せられるようになりました。

病院や国立大学などの教育機関からの依頼、メディアへの執筆・出演依頼も増えています。

実は、弊社の採用手法としては何も珍しいことはしていません。

論理的に考えられた手法、求人広告や人材紹介会社に頼らなくても「優秀な人が集まる仕組み」を社内に導入しているだけです。それがお客様の新卒採用や中途採用をガラリと変えて、優秀な人材が採用~定着するようになり、利益を生み、社内活性化や経営を変えるほどの効果を生み出しています。

逆に、間違った採用活動は、会社を疲弊させます

1人採用するごとに巨額の費用がかかっているわけですから・・・。

あなたは人材採用のやり方を教えてもらったことはありますか?

会社とは、業種・職種・規模・地域・年商を問わず採用活動をおこなうものです。この文章を読んでいるいま瞬間にも、日本中のあらゆる企業が採用活動をおこなわれています。

経営状況を変え、会社の命運を左右するほど大切なことなのにも関わらず、「人材採用の仕方」についてはほとんど知られていません。
「面接の受け方」(応募者側)はたくさん存在しても、本当に正しい「採用の仕方」(企業側)が知られていないのです。

採用は社内でもっとも費用も効果も高い投資であるはずなのに、正しいやり方を勉強する機会はほとんどなく、人事担当者や社長は、求人広告会社に言われるまま「採用活動=求人募集」という誤った常識を信じさせられています

そして、それほど大きな投資をしたにもかかわらず、当たり前のように採用に失敗しているのです。

採用活動の失敗は、雇用のミスマッチを引き起こします。つまり、企業側は「こんな人だとは思わなかった」と憤慨し、応募者側は「こんな会社だとは思わなかった」と悔いるのです。

あまりにも悲しすぎます。このような採用側・応募者側双方にとって良くない出来事が、日本中で起こっているのです。すべては中小企業がおこなうべ正しい採用手法を知らないために。

弊社はそんな日本企業の現状を少しでも変えたいと思い、新卒採用や中途採用のコンサルティングをおこなっています。ノウハウはシンプルですが、戦略はとても長くなりますので、公式ブログや無料レポートにその方法を記載しています。ご興味があればそちらをご覧ください。

いなだ事務所のサービス一覧

稲田行徳

このページの先頭へ